一日の流れ


9:30

送迎車両でご自宅にお迎えに行きます。”らくじゅ”に到着しましたら、健康チェック(血圧・脈拍・体温測定)と水分補給をしていただきます。

9:45

体操、ストレッチ

10:00

脳活性メニューの実施。作業活動、脳トレや音読・視写など、個々に応じた活動を行います。また趣味活動をされる方もいらっしゃいます。それぞれの過ごし方を尊重します。

個別リハビリの実施。専従の作業療法士、理学療法士が評価し、個々に必要な運動や生活動作訓練を実施します。

入浴。ご希望の方は、お一人ずつ入浴します。職員が一人付き添います。腰や足に障害のある方も入浴を介助する機械を使いますので、安心して入浴できます。

12:00

昼食。嚥下の状態により、食事形態を変更する事ができます。盛り付けや配膳、下膳の手伝いをしていただくことも生活リハビリの一つとして行っています。

14:00

脳活性レクレーションの実施。買い物、料理、将棋、オセロ、ボードゲーム、トランプ等カードゲーム、奉仕活動など行います。近隣に散歩に出かけ、自然に触れたり、四季の移ろいを感じることもリハビリです。

ご利用者様が手作りで雑巾を
たくさん作って下さいました
15:00

おやつと水分補給

16:15

送迎

ご紹介した一日の流れはほんの一例です。
下記のようなことも楽しんで貰っています。

■レクレーション

折り紙で作った家を並べて、庭には花を描かれています。ヒルトップ壱番町の分譲開始です(笑)。

「朗読の会」の方が来て下さって本を読み聞かせて下さっている場面です。小学生にも来て貰っています。

レクレーションをしながらのリハビリです。指示に従って、手をグッパーすることが機能回復に繋がります。

ゴム風船を使ったサッカーと言うよりも「蹴鞠」ですね。意外と体力と筋力アップになります。

■園芸クラブ

寄せ植え作りのスタートです。綺麗に咲いて欲しいと願いながら、植えていきます。デイのプレイルームでの作業です。

少し大きめの寄せ植えは、ヒルトップ壱番町のエントランスで作ります。

自分たちで作った寄せ植えだけに水やりも真剣です。大事に大事に育みます。この気持ちが活力に繋がります。

デイのスタッフがサポートしながら、高い場所の水やり。わざと高い位置に置くことで、リハビリ効果を狙っています。

■音楽演奏とカラオケ

ハンドベルを使った演奏風景です。楽譜は音階ではなく、色分けされており、ご利用者様は自分と同じ色のベルを鳴らします。

なかなか、タイミングが合いません(笑)。楽譜を見ながら、歌を歌い、ベルを鳴らす。これがリハビリになります。

少し馴れてくると指揮にも演奏にも力が入ります。楽しんでやれるようになるとそれが活力となります。

カラオケも機能回復の一環として楽しんで貰っています。発声するには体力が必要です。耳も目も脳も使う優れたリハビリメニューです。

ハンドベル演奏を動画で
お楽しみ下さい