スタッフの思い・考え

理学療法士A

通所リハビリセンター「らくじゅ」でのリハビリでは、「もっと歩けるようになりたい。」、「もっと体力をつけたい。」など、ご利用者様のニーズに合わせ、その方の問題点をしっかり見極め、リハビリを行っていきます。実際の声としては「膝が伸びるようになった。」、「歩く距離が長くなった。」など、日常生活で必要不可欠な移動能力を維持・向上するように心がけてリハビリを行っています。また、認知機能面では同じことを繰り返し練習したり、昔の出来事などを想起させながら、身体を動かしていただき、頭と身体の両方を活性化するようにリハビリを行っています。

理学療法士B

通所リハビリセンター「らくじゅ」でのリハビリは身体機能面だけでなく、認知機能面へのリハビリも行っています。ご自宅で何に困っていらっしゃるのか、リハビリをしてどのようになりたいのかをお聞きし、実生活に活かせるように、その人に合ったリハビリを提供しています。実際には買い物訓練や屋外歩行訓練を取り入れています。「らくじゅ」へ来て「○○が出来るようになったよ」、「今日は○○ができたよ」とご利用者様からの声が聞けることを嬉しく思います。ぜひ一緒に楽しくリハビリをしていきましょう。

作業療法士A

通所リハビリセンター「らくじゅ」の利用者様はご自宅からいらしています。そのため、利用者様が今の在宅生活を続けられるように、少しでも安全で、今より楽に生活できるように、心身機能のリハビリ(運動や生活動作)を出来たらと考えています。お身体の事だけでなく、生活空間の工夫や出来る活動を1つ増やすだけで、生活動作は広がると思うので、お気軽に相談していただけると嬉しいです。

言語聴覚士A

在宅生活を送っている利用者様に対して的確なリハビリ、訓練を行えるよう、利用者様のお話に耳を傾け、ご自宅での様子を伺うよう心がけています。通所リハビリセンター「らくじゅ」では飲み込み(嚥下)やお話をするために必要な顔回り、お口周りのリハビリを集中的に行っています。今後も楽しくお話や歌を楽しめるよう、美味しくお食事を召し上がれるように、リハビリを行って頂ければと思います。