医療法人社団オカニューロケアクリニック 理事長の声と診療方針

DSC04821

“病院”といった枠組みから“地域”という 枠組みへ活動範囲を広げ、“病気を診る”ということから “人を診る=その人に最後まで寄り添うことを決意”したために、勤務医から開業医へと転換いたしました。開業医として気付いたことは、基礎医学的に 正常範囲と判断されても“社会”の中で活動する時、正常に働かなく なることがあるということです。“人が人らしく生きるということは社会との関係が重要”であり、私は、地域の方々が地域社会と関わり合って、生きていけるように、医療という分野で貢献したい、と考えます。特に、社会との関係性が薄れがちな高齢者が、長く社会と関係を保てるように認知症や脳疾患の改善に貢献したいのです。

特集記事

  • AC_07PHBM08

    老年症候群とその対策について

    ■老年症候群を知っていますか? 誰でも“元気に長生きしたい”と考えておられると思います。実際のところ、私が医師になった約25年前に比べると現在のシニア世代は概ね10~20年は若い感じがしております。しかし、残念ながら誰で …

  • AC_07PHBM03

    高齢者の健康について

    ■高齢者の3つの不安 高齢者には3つの不安があると言われています。「健康不安」、「経済不安」、「孤独不安」です。   「健康不安」は高齢になればなるほど、大きな不安となります。若いときには大事に至らなかった「風邪」や「骨 …

  • AC_24PHAI28

    認知症について

    最近、認知症に関するコメンテータとしてマスコミにたびたび登場する朝田教授のまとめたデータによると、日本全国に“認知症”の人は400万人になり、認知症の前段階である“軽度認知機能障害(M …

  • DSC04107

    脳について

    “記憶”については認知症のページにおいて、記憶力の低下の項でも述べさせていただきました通り、人が生活していくうえで大切な“道具”ということだと思います。 それは危険を未然に回避したり、あるいは人が社会の中で生きていくのに …

  • AN184_L

    プラセンタ (胎盤ホルモン療法)について

    当院では、プラセンタ (胎盤ホルモン療法)にも力を入れています。 プラセンタ(Placenta)とは、胎盤を意味します。 胎盤は皆様もご存知の通り、妊娠中の女性に特有の臓器であり、お母さんと子供を繋ぐものです。 妊婦さん …