医療法人社団オカニューロケアクリニック 理事長の声と診療方針

DSC04821

“病院”といった枠組みから“地域”という 枠組みへ活動範囲を広げ、“病気を診る”ということから “人を診る=その人に最後まで寄り添うことを決意”したために、勤務医から開業医へと転換いたしました。開業医として気付いたことは、基礎医学的に 正常範囲と判断されても“社会”の中で活動する時、正常に働かなく なることがあるということです。“人が人らしく生きるということは社会との関係が重要”であり、私は、地域の方々が地域社会と関わり合って、生きていけるように、医療という分野で貢献したい、と考えます。特に、社会との関係性が薄れがちな高齢者が、長く社会と関係を保てるように認知症や脳疾患の改善に貢献したいのです。

特集記事

  • らくじゅ日記 クリスマス会

    新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い致します。 昨年12月はらくじゅ内でクリスマス会を開催しました。 毎年恒例のビンゴ大会では「リーチになった!」「惜しいなぁ」「ビンゴ!」と大盛り上がりでした。 今 …

  • らくじゅ日記 菊まつり(楽寿園)

    こんにちは!通所リハビリセンターらくじゅです。 11月は近隣の楽寿園で開催されている菊まつりに足を運びました。 皆さん、大輪の菊や鮮やかな首里城などの建造物を楽しまれていました。 坂道、砂利道もいいリハビリになり疲れを忘 …

  • 老年症候群とその対策について

    ■老年症候群を知っていますか? 誰でも“元気に長生きしたい”と考えておられると思います。実際のところ、私が医師になった約25年前に比べると現在のシニア世代は概ね10~20年は若い感じがしております。しかし、残念ながら誰で …

  • 高齢者の健康について

    ■高齢者の3つの不安 高齢者には3つの不安があると言われています。「健康不安」、「経済不安」、「孤独不安」です。   「健康不安」は高齢になればなるほど、大きな不安となります。若いときには大事に至らなかった「風邪」や「骨 …

  • 認知症について

    最近、認知症に関するコメンテータとしてマスコミにたびたび登場する朝田教授のまとめたデータによると、日本全国に“認知症”の人は400万人になり、認知症の前段階である“軽度認知機能障害(M …