通所リハビリセンター「らくじゅ」

事業運営コンセプト


■私たちのお役立ち

“認知症”の診断を的確に行い、それによって生じているその人の“生活の障害”をしっかり見つめ、「できること」と「できなくなってきていること」に焦点をあてたリハビリテーションを行います。人は歳を取ると認知症になる可能性が高まります。それは生きている限り避けれない現実です。ですから、その人が”たとえ認知症になってもその人らしくそのままの場所で生活していくことのできる対応や場所を提供”したいと思います。

■具体的な提供内容

認知症専門医、認知症ケア専門士、作業療法士、理学療法士、介護支援相談員、介護福祉士等が生活に寄り添ったサービスを提供していきます。また、高次機能診断(ADAS-Jcog、TDASシステムを活用)も提供いたします。
具体的には、自宅での生活に生かせる様なリハビリテーションを提供しています。 送迎中の車の乗り降りや入浴・更衣動作を実際に評価し、リハビリ内容を検討します。また、身体的なリハビリだけでなく、認知機能の評価を行い、記憶訓練や回想法を行います。 ご本人様の生活に合わせて、屋外歩行訓練、買い物訓練を行うとともに、趣味に合わせて、園芸療法や音楽療法を行います。

■ご利用までの流れ

■お申込み

介護認定を受けている方は、担当ケアマネジャーさんにご相談ください。介護認定を受けていない方は、自治体窓口で認定申請をお願いします。詳しいご説明が必要な方は、ご遠慮なく、お電話の上、当事業所にお越しください。

■ヒアリング

職員が、ご本人とご家族のご要望を詳しくお聞きします。

■見学

当事業所に見学にお越しください。一日の過ごし方や、他のご利用者様の様子をご覧いただき、お気に入りいただきましたら、ご契約になります。

■ご契約

介護職員とリハビリ職員がご自宅にお伺いし、サービス利用のご契約をいたします。ご利用にあたってのご注意等詳しい内容もご説明いたします。

■利用開始

ご自宅までお迎えにまいります。お着替えやその他必要なものだけをお持ちになり、ご来所ください。